太陽光発電を家庭に導入して得られるメリット

Posted by admin on 2017年10月4日

電力の自給自足ができる

太陽光発電のシステムは家庭にも導入できる発電方法で太陽光発電を家庭に導入すれば電力を自給する事ができます。電力を発電する方法はいくつもありますが、その中でも太陽光発電は地球環境に優しい発電方法として推奨されています。原子力発電のように発電のシステム自体がリスクになってしまったり、火力発電のように発電する時に大気汚染を引き起こすような事がありません。そのため太陽光発電を家庭に導入する事で地球に優しいエコなエネルギーを使って生活する事が可能です。

太陽光発電は化石燃料などを使わずに太陽光を燃料にするので燃料費の高騰があっても影響を受けません。太陽光発電で電力を作る事はエネルギー需要の安定化にも繋がるのです。

経済的なメリットも大きい

太陽光発電を家庭に導入するにはある程度の初期費用が必要になります。そのため短期的に考えると費用の方が上回ってしまいますが、長期的に運用する事を考えれば利益を出す事ができます。導入する時は太陽光パネルの導入に必要な費用と年間の発電量の平均を計算して耐用年数以内に初期費用を回収して利益が出るか確認するべきです。これを怠ってしまうと導入しても結果的に損失を出す事になるので注意が必要です。

電力を発電して自分達で使った後に余った電力は電力会社に売却する事ができます。しかし全ての電力会社が電力の買取を行っている訳ではないので、事前に管轄の電力会社が電力の買取をしているか確認してから導入を検討すると良いです。

太陽光発電の価格は工事費込みで1kWあたり41万円が目安です。住宅の場合は屋根の面積や向き、屋根材の種類により容量や設置可能なシステムが変わりますが、容量4.90kW位が平均で約200万円程度です。

アーカイブ