脱サラを実現するための有効な選択肢であるフランチャイズ

Posted by admin on 2017年11月25日

フランチャイズチェーンの魅力とは

殆どのフランチャイズチェーンや代理店は個人を商売相手としています。同じ商売をするにしても大手企業の看板を掲げられることは大きなアドバンテージであり、フランチャイズチェーンの看板があるからこそ成功できたというケースが多く見受けられます。また本部には資金力やスケールメリットがありますので、商品の仕入れを個人よりもずっと安く行えたり、テレビCМなどの恩恵にあずかることもできるでしょう。

勿論本部はフランチャイズ契約で会社の売り上げを取っている訳ですからロイヤリティを支払う必要はありますが、多くの情報の集積から商売に役立つコンサルタントを受けることができますし、大企業ならではのメリットが数多くあります。

会社員時代に行っていた仕事に関連したものがベター

フランチャイズとは言え、店舗オーナーは商売人であることに違いはありません。商売は結果が全てですから、成功までのプロセスがより少ない方が有利になるのは言うまでもありません。例えば飲食店などに勤めていた場合はお店の回し方を熟知していますし、ある程度の年齢になってから新規参入した人よりも最初からレベルの高い仕事ができます。夢を追うことは肝心ですが、培ってきたものを利用する姿勢は不可欠になるでしょう。

店舗が必要ない業種なら

訪問サービスなど、店舗を持たない場合は完全に名義だけを借りる形になります。フランチャイズの看板があるとは言え、最終的にはオーナーと顧客の信頼関係で商売は安定していきます。フランチャイズ契約は年数の経過で満了しますので、食べていくのに十分な顧客がいる場合はさらに独立をするのも一つの手ではあります。しかしフランチャイザーを裏切ることにもなりかねませんので、行動するときは注意が必要です。

代理店というのは、取引の代理を行う法人格の店や企業のことです。または代理商が営業する店のことをいいます。